関東学院大学では、各界で活躍されている方を招いての公開討論会
「ヨコハマから未来へ。~これからの多文化共生を考える~」(全4回)を開催しております。
3月15日(金)19時より、横浜・関内キャンパスのホールにて
最終回となる4回目のシンポジウムを開催いたします。

ゲストスピーカーとしてお招きするのは、
福島県三春町在住の僧侶であり、芥川賞作家でもある玄侑宗久氏。
東日本大震災の体験からとらえる能登地震。宗教家として捉える、
宗教をめぐる戦争をはじめ、現代が抱える諸問題についてお話をうかがいます。
是非この機会に横浜・関内キャンパスへお越しください。

【日 時】2024年3月15日(金)開演19時00分 ※開場18時30分
【会 場】関東学院⼤学 横浜・関内キャンパス2階テンネー記念ホール(横浜市中区万代町 1-1-1)
JR・横浜市営地下鉄 「関内駅」より徒歩2分
【参加費】無料(要申込)
【申 込】イベント掲載サイト 「Peatix」よりお申込みをお願いします。
https://yokohamakaramiraihe4.peatix.com/

▼問い合わせ
関東学院大学 社会連携センター
Email: relation@kanto-gakuin.ac.jp