2023 年6月に「LGBT 理解増進法」が施行されました。「全ての国民が安心して生活できるよう留意する」との内容が盛り込まれたことに対し、国会審議過程でも賛否が分かれ、当事者や支援団体からは批判の声も上がる中、成立した経緯があります。同年7月には、性同一性障がいを持つ国家公務員の職場トイレ使用を制限した国に対し違法とする最高裁判決が下りました。
こうした中、自治体でパートナーシップ制度を創設する動きや、企業における LGBT 対策も進みつつあります。さらには、今後教育現場での対応も必須となることも想定されます。このような現状を踏まえ、2022 年に包括連携協定を締結しました神奈川県弁護士会の協力のもと「LGBTQ+の課題と展望」をテーマに、各界で深くかかわっている識者により議論を深め、広く発信することを目的に本シンポジウムを開催いたします。

■主  催 : 関東学院大学・関東学院大学 法学会
■後  援 : 神奈川県弁護士会
■開催日時 : 2024年3月9日(土)13:00~16:00(開場12:00)入場無料
■開催場所 : 関東学院大学 横浜・関内キャンパス テンネー記念ホール
(横浜市中区万代町1-1-1 JR・横浜市営地下鉄 関内駅より徒歩2分)
■申込   : イベント掲載サイト 「Peatix(ピーティックス)」よりお申込みをお願いしております。
「チケットを申し込む」をクリックし、必要事項をご記入の上、お申込みください。
https://lgbtqplus-kgu.peatix.com/view
※初めてPeatixを利用される方はアカウント登録が必要です。2024年3月1日(金)までにお申し込みください。

■問い合わせ: 関東学院大学 学部庶務課
【Mail:kannaishomu@kanto-gakuin.ac.jp TEL:045-306-9333】